スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.05.07 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

結納のお客様の着付けを行いました。

訪問着



端午の節句(こどもの日)は中国からやってきた。

端午の節句

最近、BLOGの更新が滞っておりました(>_<)

お久しぶりです。チャーリーです。

本日は、五月五日の「端午の節句」ですね。
男の子の成長を祝うとともに立身出世(社会的に高い地位につくこと)を願って鯉のぼりや兜などを飾ります。

今日は、端午の節句をちょっと違った形から見てみようと思います。
端午の節句はどのようないきさつで始まったのか?

それには、中国の風習と日本の風習の両方がキーワードになるようです。

端午ってどういうこと
------------------------------
まず、端午の節句の「端午」の意味を皆さんご存じですか?
「端」の字には「初」の意味があります。
「端午」とは、月初めの牛(うま)の日を指します。

本来は五月に限らないことなのですが、「牛」は「五」と同音であることや、
月と日が重なる日を祝う習わしなどから、古代の中国では五月五日を「端午」として、
邪気を払う行事を行っていました。その風習が、奈良・平安時代に日本にも伝わり、
貴族の間で取り入れられたようです。

菖蒲(しょうぶ)を使った日本の行事
------------------------------
そして、その中国から伝わった風習に日本の行事がミックスされます。
それは、田植え前の五月に田植えをする女性(早乙女)が蓬(よもぎ)や菖蒲(しょうぶ)で屋根を
ふいた家に一夜こもって身を清めるという行事です。

それらが合わさり、五月五日に菖蒲湯に入り、身を清めるという習わしが生まれました。

邪気を払う習わしが男の子の御祝いの日に
------------------------------
この風習が男の子の御祝いになったのは、江戸時代のこと。
菖蒲(しょうぶ)が「勝負」「尚武(武を尊ぶ)」につながることから、勇ましさの象徴となり武家で兜をまつって御祝いするようになったのです。

鯉のぼりを立てるならわしも、武家で家紋の入った幟(のぼり)を立てて御祝いしたことに由来するとのことです。

その後、庶民の間でも、女児はひな祭り、男児は端午の節句という形をとるようになり、
現在も続いているということです。




浴衣や下駄など夏の風物詩入荷中です

下駄・帯浴衣

宮崎県の着物屋「きものの冨士屋」のチャーリーです

まだ少し肌寒い日もありますが、浴衣や下駄、帯など夏物がたくさん入荷していま
す。浴衣は夏祭りに欠かせないアイテムですね。

最近、年配の方などに良く言われるのですが、
今の若い人の方が着物を着ている人を良く見かけると言われます。
それってやっぱり夏祭りに着物を着てゆく若い方が増えたからだと思います。

皆様も、今年の一枚を探しに来られてくださいね。

【着物に見る日本の色】はなだいろ

はなだ色

宮崎県の着物屋「きものの冨士屋」のチャーリーです

本日は日本の色のご紹介です。
本日は はなだいろ(縹色)
はなだ色は、藍の単一染めの純正な青色です。
縹(はなだ)とは中国の色の名前です。
日本ではこの色を青色の総称としてもちいました。

はなだ色は当て字で「花田色」とも書かれます。
この当て字の由来は鴨頭草(つきぐさ)の花で染めた色であることに由来しているそうです。

延喜縫殿式(平安時代の染色の基準を示した文書)
の中では縹は深、中、式、浅の4階級に別れていたとされていて、
はなだ色は「中」程度の濃さとされています。


【きものの豆知識】歌舞伎の時には何を着ていこう?

歌舞伎

宮崎県の着物屋「きものの冨士屋」のチャーリーです
今回は着物で観劇する際に適したお着物のお話です。

観劇と一言でいいましても、色々な伝統芸能があります。
・歌舞伎
・能
・落語
・オペラ・ミュージカル
などが代表的なものですね。

これは、礼装などとは違いますが、それぞれの場所にあった着こなしが
出来ればより一層お洒落だし、楽しくなりますよね。

それでは、一つずつ解説していきたいと思います。

【歌舞伎】
目立たない格好で
派手な着物を着ないのは、江戸時代に贅沢を禁じた『奢侈禁止令(しゃしきんしれい)』がルーツです。贅沢に見えないように、江戸らしい色づかいの3色くらいでまとめた無地や小紋がちょうどいいです。着物の格よりも遊び心が大事ですね。

【能】
地味だけど良い着物で
お能は見る方の着物が地味だと言います。
武家が発祥の文化ですし、男の舞という要素もきっと大きく影響していのだと思います。一口に地味と言っても上質な着物を控えめに着るのが良いですね。

【落語】
普段着の着物でOK
落語はもともと庶民の娯楽なので、着ていくものは本当に普段着で大丈夫です。木綿や浴衣などもありですよ。

【オペラ・ミュージカル】
特にルールはナシ
海外文化のシーンでは着物の着物の着こなしの制約はほとんどありません。
好きなようにお洒落して見に行って構いません。ここは自分の思い通りの装いで。

普段着物を着る機会が少ないとお考えの方は、
こういった観劇の時などにお着物でお出かけされると、また一味違った良さに気が付くことができるかもしれませんね。



【きものの豆知識】自分の立場によって変化する礼装の決めごと(結婚式編)

宮崎県の着物屋「きものの冨士屋」のチャーリーです

前回、礼装とは何かというお話をしました。
皆さんから、色々と感想をいただき、理解していただけたようで良かったです。

今回は、その続きで、出席されるご自分の立場によって着るお着物は違ってきますというお話です。結婚式は身近な式典としては、一番多いものなので、それだけ疑問も多いかと思います。ですので、結婚式に出席される際のお着物について解説します。

ここで一つ触れておきたいのですが、
今の着物の風習は昔(戦前)に比べて、決まり事が曖昧になっている部分があります。人によっても善し悪しが違ってしまうこともあると僕は感じています。ですので、本日解説する内容はあくまで、誰が見ても間違いない装いを説明していきます。
つまり、許容範囲が現在では広がっている部分もあるということです。

それでは、結婚式に出席されるそれぞれの立場の人に分けて説明してゆきますね。


■一般的な結婚式の場合

あなたが親族なら
ー着物ー
・未婚女性
 →振袖、訪問着、色無地
・既婚女性
 →五つ紋の黒留袖、色留袖(比翼付き、長襦袢は白)

ー帯・小物ー
・袋帯
・錦やエナメルなどの光沢がある草履バック
・白足袋
・白半えり


あなたが友人なら
ー着物ー
・未婚女性
振袖、訪問着、色無地
・既婚女性
紋の入った色無地(比翼付き、長襦袢は白)、訪問着、付下げ
ー帯・小物ー
・袋帯
・錦やエナメルなどの光沢がある草履バック
・白足袋
・白半えり


■カジュアルなウェディングパーティーの場合
ー着物ー
・未婚女性
振袖、訪問着、色無地、付下げ
・既婚女性
一つ紋の色無地、紋のない色無地、訪問着、付下げ
ー帯・小物ー
・袋帯、錦糸などを使用した光沢のある名古屋帯
・錦やエナメルなどの光沢がある草履バック
・白足袋
・白半えり

このような分け方ができます。
とにかく、大事なことは品があることと、全体のバランスです。
そして、結婚式での主役は花婿と花嫁であることを考え、「二人に対して敬意を払った装いで出席するのが基本です」



【着物の豆知識】そもそも礼装ってなに?


宮崎県の着物屋「きものの冨士屋」のチャーリーです

写真は、僕の妹の結婚式の写真です。
今日のテーマが礼装についてなので、使用してみました。

それでは、本題ですが、僕が着物の世界で働き出して、「礼装」とか「礼装用」とか良く耳にし最初は何となく意味は分かるけど、具体的にどういうことなのって気持ちになっていました。

そこで、本日は「礼装」とは何なのかを解説していこうと思います。
礼装とはすごく簡単に言ってしまうと、式と名のつく催事で着る着物の装いの事】です。

ということは、礼装にすべきかどうかはその催事の名所をみれば、一目瞭然というわけですね。例えば、結婚式、入学式、卒業式、お葬式・・・・などなど
その名前には「式」の文字がついています(七五三は例外ですが(^^;))
格好に迷ったらまず「式」の字を確認しましょう。

そして、この礼装において忘れてはいけない基本は、相手に敬意を表するという気持ちです。それを抜きにしては成り立ちません。儀式の場で礼を形に表した格好=礼装着物ということになります。
つまり、着る方の立場によっても着るお着物は変わってきます。
もっと細かな分類はまた次回(^_-)



【着物豆知識】ご自分の家紋をご存じですか?紋を入れると格が上がります

紋を入れると格が上がる

宮崎県の着物屋「きものの冨士屋」のチャーリーです

お着物に入れる紋というのは、ほとんどが「家紋」のことですが、広くは「洒落紋」(洒落紋は、あくまでお洒落用の紋なので所定の位置に入っているからと言って、紋なしよりも格が上ということではありません、)なども含みます。

当店に来られるお客様でも紋を入れたいが、家は紋がないと言われる方もいらっしゃいますが、たいていご存じでないだけで、後から調べて分かることなどもしばしばです。

紋を入れると格が上がるというお話ですが、
・紋の入れ方
・紋の数
によっても格のランクが違ってくるんです。

まずは、「紋の入れ方」ですが、大きく分けて
・染め抜き紋(着物の色をぬいて入れる紋)
・縫い紋(刺繍の紋)
の二種類がありますが、
この二つは具体的に格の違いはないのですが、
縫い紋のほうが略式になります。
基本的には染抜き紋が使用されると考えていただいて差し支えないと思います。
(現在は染め抜き紋を注文される方の方が多いです)

次に「紋の数」による違いです。
紋の数には3種類あります。
・五つ紋(背中心、両後ろ袖、両胸)
・三つ紋(背中心、両後ろ袖)
・一つ紋(背中心のみ)
です。
紋の数は、数が増えるほど格が上がってゆきます。

紋を入れるのは、フォーマルなシーンが多く、当店では、
お宮参り着、留袖などの紋入れる頼まれるお客様が多いですよ。

【着物に見る日本の色】かめのぞき(瓶覗)

かめのぞき

宮崎県の着物屋「きものの冨士屋」のチャーリーです

本日は日本の色のご紹介です。
本日は かめのぞき(瓶覗)
かめのぞき色は、藍染めの中でもごく浅い青色です。
藍で染めた色の中ではもっとも薄い色にないります。

変わった名前の色ですが、
名前の由来には諸説あります。
1つは、「かめのぞき」の瓶(かめ)は藍の染料を入れる瓶のことで、
覗(のぞき)は、染める布が、瓶から覗く程度に浅く付けられた様を言っているという説
2つ目は、藍瓶に貼られた水に空が映り、人がそれをのぞき見る様を言っているという説
です。

どちらの説であってもとてもユニークな名前ですね。
また、この色には、別名「白殺し」という名前もあります。
これは、少し染めただけで白ではなくなってしまうところから着ていると言われています。

被災者の方々へ自分たちができること

募金活動

宮崎県のきもの屋のチャーリーです。
まずは、 「東北地方太平洋沖地震」の犠牲になられた方々に対し、深くお悔やみ申し上げますとともに、被災された皆様に対し、心よりお見舞いを申し上げます。

今回の地震が発生していこう、自分たちに何が出来るだろうと考えました。
私達が住んでいる宮崎県でも色々な災害がここ数年起きていました。その中で全国の方々の温かいご支援をいただきました。そんな自分たちが今回のこの地震を見たときに、とにかく何でも助けになることをしなければと考えた次第です。

そのなかで、まずは募金活動を行うことだと思いました。
今回は、沢山の仲間の方々とともに、宮崎市の商店街をまわりました。
その中で、たくさんの方々に募金に協力していただきました。
本当にありがとうございました。

集まった募金は全額、中央共同募金会を通じまして被災地に送金いたしました。
今回の募金活動だけでは終わらせず、今後も継続した活動を行っていきますので、皆さんで被災地の方々を支えてゆきましょう。

当店のレジ横にも募金箱を設置していますので、ご協力いただければ幸いです。

| 1/15PAGES | >>

          ホームページ カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
twitter

フェイスブック

最近の日記 カテゴリ 月別の日記 最近のコメント
プロフィール サイト内検索

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR